園について

About

若竹の園は、大原孫三郎の妻である大原壽恵子が発起人となり大正14年に創立された県下で最も古い園です。
子どもたちに「夢のお城」と呼ばれる、バンガロー様式を取り入れた園舎は、教育者・建築家・芸術家として著名な西村伊作によるもので、国の登録有形文化財に登録されています。また関連施設である、大原美術館でのアート体験学習を定期的に行うことで、幼い頃より良い文化と出会い、”本物”に触れる環境づくりを大切にしています。

保育目標

いきいきと 心豊かに 自立する子ども

保育方針

  • 生活のいとなみを感じる環境で、子どもの能力の発達と心の発達を支え、一人一人の育つ力を大切に援助する。
  • 太陽と土、水などの自然に十分ふれ、自然界への感動や創造する喜びをもち、仲間との遊びの体験をしっかりと積み重ねながら、人格的成長を図る。
  • 保護者との連携を密にし、子どもの成長を助けるために、保護者と共に考え育てる保育をめざす。

概 要

Overview

沿 革

大正14年3月15日 第1次大戦(1914~1918)後、繊維産業の急速な発展は、地方小都市たる倉敷にも及んだ。
婦人労働者が急増し、子ども達の環境発達にも悪化を招いた。そうした社会の不幸を救済するために、大原壽恵子を中心とする有志婦人団体により「さつき会保育所若竹の園」が生まれた。(定員80名)園舎は、東京文化学院の創立者 西村伊作氏の設計。
昭和10年5月11日 組織を財団法人と改める。
昭和23年8月1日 児童福祉法による児童福祉施設保育所として認可を受ける。(定員150名)
昭和46年4月1日 建物の老朽が著しく、加えて地域社会が乳児保育を要望のため、一部をとりのぞいて鉄筋二階建一棟を増築する。(定員220名)
平成元年8月1日 遊戯室平屋一部中二階建を増築する。
平成7年4月1日 延長保育事業を実施する。
平成9年4月1日 一時保育事業を実施する。休日保育事業を実施する。(現在廃止)
平成13年2月28日 乳児室、保健室を増築する。
平成20年~22年 木造園舎耐震補強工事を実施する。
平成21年4月28日 園舎一部、国の登録有形文化財となる。
平成23年4月1日 組織を社会福祉法人と改める。

園舎配置図

クラス名 ほし ちゅうりっぷ たんぽぽ つくし すみれ さつき さくら ゆり ひまわり ばら1 ばら2
年令(才) 0 0・1 1 2 2 3 3 4 4 5 5

概 要

法人名 社会福祉法人 若竹の園
施設名 若竹の園
所在地 岡山県倉敷市中央1丁目6番12号
代表者 理事長 大原あかね
敷地面積 1,937㎡
建物総面積 1,277㎡
定員 220名(内訳:乳児50名/幼児170名)
職員構成
  • 園長
  • 保育士
  • 看護師
  • 管理栄養士
  • 調理員
  • 事務職員
  • 用務員